【FX】トレード基楚!移動平均線の見方を初心者必見!

  • 12月 17, 2020
  • 12月 17, 2020
  • FX, 投資
  • view
FX

移動平均線とは

移動平均線の解説をしたいと思います。

まず移動平均線って何かという話にまず行きたいんですがまず日数というのはあって1日から30日まである

そして終値データをとってきたというものがあったとしたときにこのようにチャート出した後このようなギザギザと上がっていて下がっていってというのが分かるかと思います。

で移動平均線というのはといつかとか20日とか75日というふうに来切れたり区切ったりするんですけども

今回分かりやすく例えばいつか平均を取ってみるいつか平均ということはこの5日目において1日目2日目3日目4日目5日目のこの5つの平均値を出した数値がこの5日平均線の一つ目というふうになります。
ではこの6日目の5日平均線はという5日から過去5日分を合わせて平均したもので7日であればにずれていくわけです。
その全ての数値を出したものがこちらなんですけれどもその線を結んだものがですねこのように5日移動平均線という風に呼ばれます。

じゃあこれは20日平均線であれば過去20日分の平均を出したものを線でつないだ線ってものが20日同平均線であったりとかという風な名前がついたりします。

でも実際のチャートで見てみたいんですけれどもまず5日移動平均線です。

チャートの動きに沿ってA細かく動いていくのが特徴的です。

分かり易いと思います。

そしてへこの赤色の線比較的チャートの流れに沿ってはいるようだけどもちょっと帰りが使えるも離れてますねこれはですね25日平均線です。

主に大体のアプリが25日使っているのでまあ25日平均線使っていただければなと思います。

そゆっくりと動いているものがで75日移動平均線です

短期ほぼ5日を短期そして10日から25日次35日あたりを中短期、中期移動平均線で75日前後ですね中期移動平均線という風に呼んだりしますが基本的にはあのいつか25日75日場合によってはあの30とか使ったりするんですけれどもほとんどのアプリは5日25、75というのを使ったりします。

さらに上があるんですけれどもこれは赤のラインが25日、青が75さらに行くさらにゆっくりと動く線があるんですこれはですね中長期移動平均線主に200日移動平均線を使ったりします。

このようにですねいつか25日75日200を主に使っていくんですけれどもさらに上もあるんですけれどもこのような線を使って移動平均線です。

ゴールデンクロス、デットクロス

ゴールデンクロスというものがあって説明していきたいんですけれどもまずですねこの長い方です。

75日線例えばですね75日線長居移動平均線を短い移動編金銭では下から上追い越すような形でですね流れていくでそしてこの時クロスした点をゴールデンクロスというふうに言います。

こういうことが起きる場合ですね上昇局面へ移行したんじゃないかなというふうな読み方をすることができます。

そして逆にデッドクロスです。

長い方ですね例えば75日線があったときに25日に期間の短い移動平均線が上から下にクロスする上から下にクロスするその時にデッドクロスというんですけれどもこれは逆に下降曲面移行したなというふうな呼び方をすることができます。

で移動平均線であのトレンドをつかむということもできるんです。

例えばこ大きな視点でチャートを見た時です。

赤が25日線青が75日緑が200日です。

この時見方として上昇なのかな加工なのかなあというのを呼ぶ手段として25日が上昇75日も上昇200日も上昇の場合に2本以上が上昇だとへ上昇トレンド逆にですね3本とも加工のトレンド加工の角度傾きを示している場合下降トレンドだねという風な読み方をすることもできます。

よく見てもらうと上昇しているを上昇入ったねと見たときにその後どこかしらのタイミングでやっぱり上がり続けるというのは世の中あんまりないのでどっかでて観点があるわけでよく見てもらうとこれでとデッドクロスデッドクロスそしてゴールデンクロスが一つあってデッドクロスというふうにですある程度転換点というのがですね示されているんです。

転換点がいくつも出てきて出てきた上ででこのですね3本線が平行に加工しているというです。

下降トレンドが出てくるのでこのようなですねこの転換点のデッドクロスゴールデンクロスを見逃さないようにして全体観として上昇していると言うトレンドを使うということができるようになります。

欠点

この移動平均線の欠点なんですけれども欠点というかしょうがない部分でもあるんですが例えばこれ先ほどですねデッドクロスデッドクロスデッドクロスゴールデンテッドっていうのがあったんですけれどもこれよく見てもらうととへこれ下がり始めたラインって加工完璧下がってるなってあたりで実際デッドクロスに連続でて出てきたのっていうのは株価の状態で言うんです。

とこですね目深で言うとその当時です。

なので一歩遅いんです。

なので少し遅いというのが端記述視点で見てみるとクロスした時点でその上昇がもうすでにほぼ余地がない状態になってたりするということでかなり時間差があるのがもうこの移動平均生の欠点ではないかなというふうに思います。

これを補う一つの指標としてMACDというのがあってさらにその遅れてくる手前で8見ることができる指標というのもあるのでそちらも一緒に勉強してみてください。

このに移動平均性はちょっとあの遅れ気味になるという欠点がありますので覚えておいていただければなとふうに思います。