自分を向上させる憧れの人や尊敬できる人に近づいてチャンスを掴んだあと

  • 7月 16, 2020
  • 6月 17, 2020
  • 雑談
  • 1view

自分を向上させる憧れの人や尊敬できる人に近づいてチャンスを掴んだあと、さらにその人に近づいていくためには、今の自分を認めつつ、その一方で認めずに進化していくことが非常に大切です。そのときにぼくが大切にしていることは〝徹底的に真似をする〟ということです。

例えば、自分よりも圧倒的にステージが高い人に憧れているのであれば、近づくために極端に真似をするのです。それは、話し方、相槌の打ち方、リアクションの取り方、間の取り方、話のまとめ方、口癖、服装の雰囲気、髪型、持っている時計、好きなブランド、ライフスタイルなど、真似できることは徹底的にやり込んでいきます。そうすると、憧れの人に近づかないわけがありませんし、自分が思い描いているサクセスストーリーを生きていくことにつながるのです。

尊敬する人や憧れの人を真似していく中で、もしもあなたが「いや~、ここは真似できないな」というように、人として尊敬できないところがある場合、別の人を探しましょう。この辺りのことは「環境の力をフル活用する」でもお伝えしましたが、この人みたいになりたいと感じる人を選ぶことがポイントです。そもそも、好きではない人の真似をすることはできないですよね。だからこそ、真似をする人は「人間として尊敬できる人」じゃないと駄目なのです。

そして、真似をするときは自分のプライドを捨てて、全てを受け入れる覚悟をすることがかなり重要となってきます。自分には何も力がない、今の自分は何もできないと認めて、憧れの人や尊敬する人に言われたこと、言われて気づいたことをノートに書き出す習慣を身につけてください。このノートのことを、ぼくは何でもノートと呼んでいます。何でもノートには、取り入れることができるものや、誰かに分からないことを質問したときに教えてもらったことなども、全て書き出すようにするのです。

ぼく自身、何でもノートに書き出すことを、徹底的にやっていた時期がありました。このようにして、毎日変化しながらどんどん自分を高めていける人が、最終的に自分だけの成功を掴み取ることができるのです。おそらく、何でもノートにいろんなことを書き出していくと、いいことばかりではなく、自分の嫌いなところや「あ~、俺って駄目だな」というところが出てくると思います。でも、そういうときこそ、自分と向き合っていただきたいんですね。

自分の強みさえ伸ばせばいいと考える人もいますが、ぼくは自分の弱さや甘さ、苦手なところも克服した方が、いいんじゃないかなと考えています。なぜなら、強みを伸ばしながら弱みも克服した方が、無敵になれるからです。あなたは普段、自分の弱さや甘さ、苦手なところと向き合っていますか?向上すべきところ、足りないところといっても、それは知識なのか、考え方の深さなのか、見た目のダサさなのか、いろんな要素があると思います。とはいえ、現時点で何を高めていけば良いのか、克服していけば良いのかが分からないかと思いますので、「ワーク④」にチェックシートをつくりました。このチェックシートを使って、実際にチェックしてみてください。真剣に取り組むことで、あなたの強みや弱みが明確になり、より自らを向上させることができるはずです。あまり難しく考えずに、楽しんで取り組んでみてくださいね。